FC2ブログ

可愛いお弁当は作れないけど、そこそこ美味しいお弁当作ってます

出雲そば

0
出雲そば


旅先で、その土地の美味しいものを食べるのも
旅行の楽しみの一つ。

その土地の歴史というか、
「こうしてこの食べ物を食べるようになった」
的な言われなんかも大好物w

子供の舌の記憶というのも侮れないもので、
「これ、あそこで食べたよね。あの時は楽しかったね~」
なんて、料理の味とともに旅の思い出まで引き出されるのだから、
ぜひとも地のものを食べておきたいもの。


今回の山陰旅行でも、いくつかガイドブックとにらめっこしつつ
食べたいものをピックアップしていました。

時間との兼ね合いもあり、プリントアウトしておいたお店に行けなかったり、
逆に思いがけない美味しい出会いもあったり。

ツアー旅行では出会えない、フリー旅行の醍醐味でもあります。


今回、是非食べてみたいと思っていたのが、写真の出雲そば。
オットも
「絶対に割り子そばを食べよう!」
と意気込んでおりました。

見たところなんのへんてつもない割り子そばですが、
出雲そばの特徴として、そばつゆのかけ方がちょっと違うのだとか。

通常、割り子そばやざるそばなどは、
つゆにおそばをつけていただくものですが、
この出雲そばは、1段目に直接つゆをかけ、
食べ終わったら 残ったつゆを2段目にかけて食べていく、というもの。

普段、そばを注文して食べることのない子供たちも、
この独特の食べ方が気に入ったらしく、あっという間に食べてしまいました。

またこの日はとても暑く、
さっぱりしたそばが特に美味しく感じたみたい。

予定では出雲大社付近で食べるつもりでしたが、
朝食を食べた時間と移動の関係で、
これをいただいたのは石見銀山。

お店では、天ぷらなどがついた豪華なおそばのセットが一押しだったようですが、
うちはとにかく割り子そばが食べたかったので・・・

割り子そば専門のお店では、
とろろがのっていたり、3段ともトッピングが違っていたりと、
いろいろあるようですね。


きっと今回の出雲そばも、
美しい石見銀山の風景と、暑い夏の記憶とともに刻まれたと思います。
スポンサーリンク


☆゜.+:。゜ 今日も読んでいただきありがとうございます ゜.+:。゜☆
 にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply