FC2ブログ

可愛いお弁当は作れないけど、そこそこ美味しいお弁当作ってます

焼シュウマイで男子学生弁当

2





毎日歩いていると、車通りの少ない場所はいいのですが、そこに至るまではどうしても交通量の多い道を歩いて行かなければならず。


時間帯によっては通勤で車がひっきりなしに行きかうこともあり、
そんなお勤めの方々の迷惑になったら悪いので、なるべく道の端に避けて歩いたり立ち止まって車が通り過ぎるのを待ったりしています。


そして時々、端に避けたついでに 「電信柱の裏側」を通ることも。
すると・・・


通り過ぎた後の世界は、今までと全く同じなのに、全く違う異次元の世界に迷い込んでいるのです・・・




な~んて、漫画の読み過ぎ(;´∀`)




いつもこんなことを考えながらテクテクと歩いております。








焼シュウマイで男子学生弁当

【今日の男子学生弁当】
・焼シューマイ
・ツナ入りマカロニサラダ
・チンゲン菜の胡麻和え
・茗荷の梅酢漬け
・焼き明太子



今日のお弁当は焼きシューマイ。
20150526_1.jpg


シューマイは焼売と書いたほうがカッコいいなぁと思ったのだけど、
「焼焼売」
になっちゃうのでやめました^_^;


シューマイは夕食に作ったものの残り。
とはいっても、夕食用には「包まないシューマイ」を蒸して作り、
お弁当用には包んで取り置いておき焼きシューマイにしたので罪悪感はナシです。
ナシです。ナシです ←あるんだね


このシューマイ、次男に大好評で、最初は
「ボクはシューマイが嫌いなんだよね。意味わかんない」
と言っていたのですが、一口食べて
「参りました。自分が間違ってました!」
と、シューマイの美味しさを認めてくれました(笑)


レシピは確か「暮らしの手帖」のものだったかと。
脇雅世さんのレシピ。



マカロニサラダはツナ入り。
20150526_2.jpg

気付いた方もいるかもしれませんが、この間の「男子ごはん」で作っていて、
無性に食べたくなったので。

キャベツの海水漬けの水気をよくきって刻んで入れたので、野菜もたくさん入りました。



チンゲン菜は胡麻和えに。
20150526_3.jpg

人参も入れて色よく仕上げました。
そうよね、胡麻和えって別に単品じゃなくてもいいのよね、と今さらながら気づいたのでした。



茗荷の梅酢漬けは作り置きしてあったもの。
20150526_4.jpg



明太子はオーブントースターで焼いて火を通しました。
20150526_5.jpg

20150526_6.jpg








この漫画の中で、主人公の友達・百目鬼が庭の蜘蛛の巣を祓ったところ蜘蛛の恨みを買い、目が開かなくなってしまいます。

それを知った四月一日(わたぬきという苗字)が自分の目を蜘蛛に差し出して百目鬼の目を開けてもらう・・・というシーンがあります。

自分の家の庭の蜘蛛の巣を祓うたびそれを思い出し、
「あれはマンガだ・・・あれはマンガ・・・」
とビクつく自分に言い聞かせています^_^;

☆゜.+:。゜ 今日も読んでいただきありがとうございます ゜.+:。゜☆
にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
スポンサーリンク


☆゜.+:。゜ 今日も読んでいただきありがとうございます ゜.+:。゜☆
 にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ

2 Comments

There are no comments yet.

ぴのこん様  

ぴのこんさん、よくご存知でw
あの世界観、本当に好きなんです。

ただ、私もツバサは全然興味がなくて、それでもこれまではまだ良かったのですが、
「戻」が始まり、三巻からはよりツバサが強くなってきてしまい・・・
続けて読めるか、ちょっと心配^_^;

2015/05/27 (Wed) 15:24 | EDIT | REPLY |   

ぴのこん  

ホリックですね。懐かしい。見える人しか入れず願いをかなえてくれる店でしたっけ。あの世界観はすごく良かったですよね。途中ツバサとのリンクがいやになって挫折した漫画です。もう完結したのですね~。ラストどうなったかすごく気になります。四月一日くんどうなったんだろ。久々に読みたくなりました♪

2015/05/26 (Tue) 17:57 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply